バランスボールを使ったトレーニング方法

バランスボールで眠っていた体を目覚めさせよう! 日頃の運動不足、家で解消できます。

随分前に流行ったバランスボール、また再びの登場

大きさについての選択

バランスボールの大きさは、通常、身長を基準に選びます。
「150cm以下は45cm」「150cmから165cmは55cm」「165cmから185cmは65cm」「180cm以上は75cm」と云うのが一般的です。
しかし「正しく坐る」事を考えると、体格や足の長短も考え合わせた方が良いと思われます。
ボールに座った時に、膝が90度に曲がるサイズがジャストサイズであり、その時、足が床に着いている必要があります。
効果の点でいえば、ボールの大きさが合わずに膝が90度を保持できないと、上体が前に倒れたり猫背になったりで腹筋等インナーマッスルに効果が得られません。
安全面から言っても、キチンと座れて居ないとボールから転がり落ち骨折等の危険があります。
ですから出来る事なら購入する前に、店頭で身長目安サイズのボールに、実際、座って確認して頂くのが一番なのです。

素材、品質についての選択

素材はPVC(ポリ塩化ビニル)で、その重量に依って大体の厚みが分かるそうです。
厚みの薄いものは一般的に破れやすく、又、変形しやすく耐久性に乏しいと云う事ですので重量表示を確認して下さい。
ボールの大きさにもよりますが、通常目安としては1㎏以上という所でしょう。
次に耐荷重があり、ボールに全体重を預けてトレーニングを行いますので、こちらも300㎏は欲しい所です。
中には80㎏と云うモノもありますが、それは避けた方が賢明ですね。
そしてアンチバーストといい、防爆加工してある物をお勧めします。
この機能は、いきなりバンッ!と破裂せずに、ゆっくりと空気が抜けて行く加工がしてあります。
いきなり破裂すれば大怪我の可能性もありますから必ず確認が必要です。
最後に滑りにくい加工をして有るモノを選びましょう。
横線が入っていたり表面がザラザラした物を選ぶと良いですね。
滑りやすいとトレーニングもし難いので確認してください。


▲先頭へ戻る